PRA(進行性網膜委縮症)

PRA

ダックスフンドに多いPRA(進行性網膜委縮症)とは、名前の通り目の網膜が委縮してしまい正常に働かなくなる遺伝性の病気です。
初期症状は物にぶつかったりします。

若いうちに失明する子や、ゆっくり進行していき
中高齢になってから失明する子など様々です。

少しずつ進行していき、最終的に失明します。
ダックスフンドなどの人気犬種は
乱繁殖でこういった病気を持った親犬も
繁殖に使われる事もあるので、
子犬を迎え入れる際はしっかりと確認をしましょう。

当犬舎は全頭PRAの検査を行っています。


▲このページのトップに戻る